Other Presentations

Other Presentations

2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013

2020

「単核ReOx/CeO2触媒による脱酸素脱水反応の理論的研究」 (Poster),
保坂龍, 中山哲, 田村正純, 中川善直, 冨重圭一, 長谷川淳也,
第125回触媒討論会, 工学院大学, 東京都, 2020年3月26-27日

「RhドープCo微粒子触媒のCH4活性化に関する理論的研究」 (Poster),
原綾汰, 高敏, 小林広和, 福岡淳, 長谷川淳也,
第125回触媒討論会, 工学院大学, 東京都, 2020年3月26-27日

“DFT Mechanistic Investigation of the Copolymerization of CO2 and Cyclohexene Oxide Catalyzed by Novel Bifunctional Al(III) Porphyrin Catalyst” (Oral),
Manussada Ratanasak, Jingyuan Deng, Hideki Tokuda, Chihiro Maeda, Tadashi Ema, Kyoko Nozaki, Jun-ya Hasegawa,
Pure and Applied Chemistry International Conference 2020 (PACCON 2020), Impact Muang Thong Thani, Nonthaburi, Thailand, Febuary 13-14, 2020.

“Theoretical Design for Efficient Intersystem Crossing based on Exploring Minimum Energy Intersystem Crossing Point (MEISCP)” (Poster),
Fuyu Yin, Min Gao, K-jiro Watanabe, Naoki Nakatani, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
The 2nd Workshop of Reaction Infography/IRCCS The 3rd Joint International Symposium, Nagoya University, Nagoya, Japan, Jan. 31-Feb. 1, 2020.

“A theoretical study of the factors affecting the CO2 and CO adsorption on Cobalt cluster” (Poster),
Min Gao, Hirokazu Kobayashi, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
The 2nd Workshop of Reaction Infography/IRCCS The 3rd Joint International Symposium, Nagoya University, Nagoya, Japan, Jan. 31-Feb. 1, 2020.

「単核ReOx/CeO2触媒による脱酸素脱水反応の理論的研究」 (Oral),
保坂龍, 中山哲, 田村正純, 中川善直, 冨重圭一, 長谷川淳也,
化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会, 北海道大学, 札幌市, 2020年1月28-29日

「計算化学による合理的分子設計にむけて」 (Oral),
長谷川淳也
第2回フォトエキサイトニクス研究拠点研究会, 北海道大学, 札幌市, 2020年1月9日


2019

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
The 4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding, Kinsho Hall in Todaiji Culture Center, Nara, Japan, Dec. 3-5, 2019.

“Mechanistic Investigation for the Copolymerization of CO2 and Cyclohexene Oxide Catalyzed by Novel Bifunctional Al(III) Porphyrin Catalyst” (Poster),
Manussada Ratanasak, Jingyuan Deng, Hideki Tokuda, Chihiro Maeda, Tadashi Ema, Kyoko Nozaki, Jun-ya Hasegawa,
The 4th International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding, Kinsho Hall in Todaiji Culture Center, Nara, Japan, Dec. 3-5, 2019.

“Electronic Structure Understanding of the Mechanically Induced Selectivity in Acid Catalyzed Chitin Hydrolysis” (Poster),
Danjo De Chavez, Horikazu Kobayashi, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
The 9th Asia-Pacific Association of Theoretical and Computational Chemists (APATCC-9), The University of Sydney Business School, Sydney, Australia, Sep. 30-Oct. 3, 2019.

「Au/OMS-2触媒によるピペリドン分子のC-H結合活性化機構に関する理論的研究」 (Oral),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第124回触媒討論会, 長崎大学, 長崎市, 2019年9月18-20日

「単核ReOxCeO2触媒による脱酸素脱水反応の理論的研究」 (Poster),
保坂龍, 中山哲, 田村正純, 中川善直, 冨重圭一, 長谷川淳也,
第124回触媒討論会, 長崎大学, 長崎市, 2019年9月18-20日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
第13回分子科学討論会, 名古屋大学, 名古屋市, 2019年9月17-20日

“Theoretical Study on the Mechanism and Enantioselectivity of the Asymmetric Dehydrative Cyclization of Alcohol to Cyclic Ether” (Poster),
Manussada Ratanasak, Shinji Tanaka, Masato Kitamura, Jun-ya Hasegawa,
第13回分子科学討論会, 名古屋大学, 名古屋市, 2019年9月17-20日

“Exploring the Enantioselective Mechanism of Palladium Catalyst with Polyquinoxaline ligands for Asymmetric Hydrosilylation of Styrene” (Oral),
Manussada Ratanasak, Takeshi Yamamoto, Michinori Suginome, Jun-ya Hasegawa,
The 8th Asia-Pacific Congress in Catalysis (APCAT-8), Centara Grand & Bangkok Conventional Centre, Bangkok, Thailand, August 4-7, 2019.

“Theoretical study for C-H bond activation mechanism of 1-methyl-4-piperidone on the Au/OMS-2 catalyst” (Poster),
Ray Miyazaki, Xiongjie Jin, Daichi Yoshii, Takafumi Yatabe, Kazuya Yamaguchi, Noritaka Mizuno, Jun-ya Hasegawa,
7th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, July 30, 2019.

“Theoretical Study on the Mechanism and Enatioselectivity of the Asymmetric Dehydrative Cyclization of Alcohol to Cyclic Ether” (Poster),
Manussada Ratanasak, Shinji Tanaka, Masato Kitamura, Jun-ya Hasegawa,
7th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, July 30, 2019.

“Theoretical study for C-H bond activation mechanism of 1-methyl-4-piperidone on the Au/OMS-2 catalyst” (Oral),
Ray Miyazaki, Xiongjie Jin, Daichi Yoshii, Takafumi Yatabe, Kazuya Yamaguchi, Noritaka Mizuno, Jun-ya Hasegawa,
The 10th CSE-ALP International Summer School, Sapporo Pirka Kotan, Sapporo, Japan, July 13-14, 2019.

“Reactivity of Metal Clusters in the Regime of Structural Fluxionality” (Oral),
Min Gao,
統合物質創製化学研究推進機構(IRCCS)第三回 若手の会, 久山温泉ホテル 夢家, 福岡県, 2019年7月12-13日

「高性能ポルフィリン触媒における二酸化炭素固定化メカニズム」 (Poster),
宮崎玲, 前田千尋, 依馬正, 長谷川淳也,
第8回JACI/GSCシンポジウム, 東京国際フォーラム, 東京, 2019年6月24-25日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Hiroyuki Meichin, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
the 15th International Symposium on Applied Bioinorganic Chemistry (ISABC15), Nara Kasugano International Forum, Nara, Japan, June 2-5, 2019.

“Ligand Controlled Intersystem crossing of hydrogen binding reaction on Metallocene” (Poster),
Fuyu Yin, Min Gao, Naoki Nakatani, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

“Mechanistic Study of the Asymmetric Dehydrative AllylativeCyclization of Alcohols to Cyclic Ethers Catalyzed CpRu Complex of Chiral Picolinic Acid-type Ligand” (Poster),
Manussada Ratanasak, Shinji Tanaka, Masato Kitamura, Jun-ya Hasegawa,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Hiroyuki Meichin, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

「OMS-2担持Au触媒におけるピペリドン分子のC-H結合活性化機構に関する理論的研究」 (Oral),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

「単核ReOxCeO2触媒による脱酸素脱水反応の理論的研究」 (Poster),
保坂龍, 中山哲, 田村正純, 中川善直, 冨重圭一, 長谷川淳也,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

「金属ドープされた酸化セリウムによるメタンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

“Origin of the enantioselectivity of Ru(III)-Chial disulfonatehybrid catalysis for C-H bond functionalization” (Poster),
高敏, 大保政貴, 長谷川淳也,
第22回理論化学討論会, 北海道大学, 札幌市, 2019年5月27日-29日

「金クラスター触媒上での酸素によるピペリドンのC-H結合活性化機構に関する理論的研究」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第123回触媒討論会, 大阪市立大学, 大阪市, 2019年3月20-21日

「単核ReOxCeO2触媒による脱酸素脱水反応の理論的研究」 (Poster),
保坂龍, 中山哲, 田村正純, 中川善直, 冨重圭一, 長谷川淳也,
第123回触媒討論会, 大阪市立大学, 大阪市, 2019年3月20-21日

“Mechanochemical Selective Activation in Competing Chitin Hydrolysis Reactions” (Oral),
Danjo De Chavez, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
日本化学会 第99春季年会, 甲南大学, 神戸市, 2019年3月16-19日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted
myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Oral),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
日本化学会 第99春季年会, 甲南大学, 神戸市, 2019年3月16-19日

「金クラスター触媒上での酸素によるピペリドンのC-H結合活性化機構に関する理論的研究」 (Oral),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
日本化学会 第99春季年会, 甲南大学, 神戸市, 2019年3月16-19日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いたメタンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Oral),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
日本化学会 第99春季年会, 甲南大学, 神戸市, 2019年3月16-19日

“Controlled Intersystem Crossing in Iron Porphycene Substituted Myoglobin for Cyclopropanation Reaction: a Theoretical Study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Hiroyuki Meichin, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
IRCCS The 2nd International Symposium, Kyoto University, Kyoto, Japan, Jan 25-26, 2019.

“Reaction Mechanism of the Direct Synthesis of Dimethyl Carbonate from CO2 and Methanol over Metal-Oxide Catalysis: a Theoretical Study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
IRCCS The 2nd International Symposium, Kyoto University, Kyoto, Japan, Jan 25-26, 2019.

“Theoretical Study on Geometry Effect on the Catalytic Activity of Gold Clusters” (Poster),
Gao Min, Andrey Lyalin, Satoshi Maeda, Tetsuya Taketsugu,
IRCCS The 2nd International Symposium, Kyoto University, Kyoto, Japan, Jan 25-26, 2019.

「二酸化炭素とメタノールからの炭酸ジメチル合成に関する第一原理計算:固体酸化物触媒を用いた反応機構の理論的解析」 (Oral),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
化学系学協会北海道支部2019年冬季研究発表会, 北海道大学, 札幌市, 2019年1月22-23日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いたメタンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Oral),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
化学系学協会北海道支部2019年冬季研究発表会, 北海道大学, 札幌市, 2019年1月22-23日


2018

「金クラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構に関する理論的研究: 荷電状態と触媒活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」 第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年12月11日-12日

“Theoretical Study of Ruthenium Catalyzed Enantioselective Asymmetric Dehydrative Cyclization of w-Hydroxy Allyl Alcohol” (Poster),
Manussada Ratanasak, Shinji Tanaka, Masato Kitamura, Jun-ya Hasegawa,
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」 第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年12月11日-12日

「二酸化炭素とメタノールからの炭酸ジメチル合成に関する第一原理計算‐固体酸化物触媒を用いた反応機構の理論的解析‐」 (Poster),
杉山 利行, 中山 哲, 長谷川 淳也,
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」 第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年12月11日-12日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Hiroyuki Meichin, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」 第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年12月11日-12日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いたメタンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
ポスト「京」重点課題5「エネルギーの高効率な創出、変換・貯蔵、利用の新規基盤技術の開発」 第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年12月11日-12日

“Role of the Acid-Base and Redox Sites on Catalytic Reactions at the Liquid/CeO2 Interface: First-Principle Simulations” (Oral),
A. Nakayama,
FHI-JST Joint Symposium “Current Topics and Challenges for Innovative Catalysts”, Harnack-Haus Tagungsstätte der Max-Planck-Gesellschaft, Berlin, Germany, Oct. 31-Nov. 2, 2018.

「h-BN/Au(111)に担持金クラスターの安定性と水素発生反応に関する理論的研究」 (Poster),
高敏, 中原真希, Andrey Lyalin, 武次徹也,
統合物質創製化学研究推進機構 第4回国内シンポジウム, 九州大学, 春日市, 2018年10月29-30日

「金クラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構に関する理論的研究: 荷電状態と触媒活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
統合物質創製化学研究推進機構 第4回国内シンポジウム, 九州大学, 春日市, 2018年10月29-30日

“Electronic Structure Origin of Mechanochemically Activated Chitin Depolymerization” (Poster),
Danjo De Chavez, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
統合物質創製化学研究推進機構 第4回国内シンポジウム, 九州大学, 春日市, 2018年10月29-30日

「金クラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構に関する理論的研究: 荷電状態と触媒活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第122回触媒討論会, 北海道教育大学函館校, 函館市, 2018年9月26日-28日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いたメタンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
第122回触媒討論会, 北海道教育大学函館校, 函館市, 2018年9月26日-28日

「インジウム金属液体によるメタンの脱水素多量化反応に関する理論的研究」 (Oral),
大塚勇起, 中山哲, 長谷川淳也, 西川祐太, 荻原仁志, 山中一郎,
第122回触媒討論会, 北海道教育大学函館校, 函館市, 2018年9月26日-28日

「二酸化炭素とメタノールからの炭酸ジメチル合成に関する第一原理計算‐固体酸化物触媒を用いた反応機構の理論的解析‐」 (Oral),
杉山 利行, 中山 哲, 長谷川 淳也,
第122回触媒討論会, 北海道教育大学函館校, 函館市, 2018年9月26日-28日

“Theoretical Study on Enantioselective of Palladium Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligand” (Poster),
M. Ratanasak, T. Yamamoto, M. Suginome, J. Hasegawa,
第122回触媒討論会, 北海道教育大学函館校, 函館市, 2018年9月26日-28日

“Controlled intersystem crossing in iron porphycene substituted myoglobin for cyclopropanation reaction: a theoretical study” (Poster),
Liming Zhao, Akira Nakayama, Koji Oohora, Hiroyuki Meichin, Takashi Hayashi, Jun-ya Hasegawa,
第12回分子科学討論会, 福岡国際会議場, 福岡市, 2018年9月10日-13日

「Monte Carlo correction CI法の多核金属錯体と小分子の高い励起状態への応用」 (Oral),
大塚 勇起,
第12回分子科学討論会, 福岡国際会議場, 福岡市, 2018年9月10日-13日

「液体インジウムによるメタンの脱水素多量化機構に関する理論的研究」(Oral),
大塚 勇起,中山 哲,西川 祐太,荻原 仁志,山中 一郎,長谷川 淳也,
第12回分子科学討論会, 福岡国際会議場, 福岡市, 2018年9月10日-13日

“Theoretical Study of Ruthenium Catalyzed Enantioselective Asymmetric Dehydrative Cyclization of w-Hydroxy Allyl Alcohol” (Poster),
Manussada Ratanasak, Shinji Tanaka, Masato Kitamura, Jun-ya Hasegawa,
第12回分子科学討論会, 福岡国際会議場, 福岡市, 2018年9月10日-13日

「Auクラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構: クラスターの荷電状態と反応活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第58回分子科学若手の会 夏の学校, ふじのくに千本松フォーラム Plaza Verde, 沼津市, 2018年8月20-24日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いた低級アルカンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
第58回分子科学若手の会 夏の学校, ふじのくに千本松フォーラム Plaza Verde, 沼津市, 2018年8月20-24日

“Role of the Acid-Base and Redox Sites on Catalytic Reactions at the Liquid/CeO2 Interface: First-Principle Simulations” (Oral),
Akira Nakayama, Toshiyuki Sugiyama, Masazumi Tamura, Ken-ichi Shimizu, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Theoretical study for dehydrogenation mechanism of 1-methyl-4-piperidone on Au cluster catalysis: relationship between charge state and catalytic activity” (Poster),
Ray Miyazaki, Xiongjie Jin, Daichi Yoshii, Takafumi Yatabe, Kazuya Yamaguchi, Noritaka Mizuno, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Photocatalytic CO2 reduction mechanism of fac-[Re(bpy)(CO)3Cl]” (Poster),
Maximilian J. Krämer, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Enantioselective Hydrosilylation of Styrene Catalyzed by Palladium Catalyst with Chiral Polymer Ligands” (Poster),
M. Ratanasak, T. Yamamoto, M. Suginome, J. Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Reaction mechanism of the direct synthesis of dimethyl carbonate from CO2 and methanol over metal-oxide catalysis: a theoretical study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Theoretical Insights in Mechanochemical Selective Chitin Hydrolysis” (Poster),
Danjo De Chavez, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“Theoretical Study on Conversion of Methane to Higher Hydrocarbons by Liquid-Metal Indium” (Poster),
Y. Ohtsuka, A. Nakayama, Y. Nishikawa, H. Ogihara, I. Yamanaka, J. Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“A DFT study of C-H bond activation of methane over transition metal-doped CeO2 catalyst” (Poster),
Masahiro Iseka, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
Pre-conference of TOCAT8 and the 5th International Symposium of Institute for Catalysis, Hokkaido University, Sapporo, Japan, August 3-4, 2018.

“A DFT mechanistic study on the complete oxidation of ethylene by silica supported Pt catalyst: C=C activation via ethylene dioxide intermediate” (Poster),
Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
9th CSE Summer School 2018, Pirka Kotan, Hokkaido, Japan, July 14-15, 2018.

「Auクラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構: クラスターの荷電状態と反応活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第58回オーロラセミナー, 定山渓ビューホテル, 札幌市, 2018年7月8-9日

“Theoretical Analysis of Mechanically Induced Selective Hydrolysis of Chitin” (Poster),
Danjo De Chavez, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
16th International Congress of Quantum Chemistry (16-ICQC), Palais de l’Europe, Menton, France, June 18-23, 2018.

「シリカ担持白金触媒によるエチレンの完全酸化反応機構の解析: C=C結合活性化メカニズムに関する理論的研究」 (Oral),
宮崎玲, 中谷直輝, 横谷卓郎, 中島清隆, 福岡淳, 長谷川淳也,
第2回統合物質(IRCCS)若手の会, 休暇村支笏湖, 千歳市, 2018年6月15-16日

“Enantioselective Hydrosilylation of Styrene Catalyzed by Palladium Catalyst with Chiral Polymeric Ligands” (Poster),
M. Ratanasak, , T. Yamamoto, M. Suginome, J. Hasegawa,
Computational Catalysis for Sustainable Chemistry, The Institute of Chemical Research of Catalonia (ICIQ), Tarragona, Catalonia, Spain, June 13-15, 2018.

「Monte Carlo correction CI (MC3I)法とMC3I Perturbation Theory (PT)法の開発と応用」 (Oral),
大塚勇起,
第21回理論化学討論会, 岡崎コンファレンスセンター, 岡崎市, 2018年5月15-17日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いた低級アルカンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
第21回理論化学討論会, 岡崎コンファレンスセンター, 岡崎市, 2018年5月15-17日

「固体酸化物触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する第一原理計算」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
第21回理論化学討論会, 岡崎コンファレンスセンター, 岡崎市, 2018年5月15-17日

「Auクラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構:クラスターの荷電状態と反応活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
第21回理論化学討論会, 岡崎コンファレンスセンター, 岡崎市, 2018年5月15-17日

“Theoretical Study on Rh-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
L. Zhao, N. Nakatani, Y. Sunada, H. Nagashima, J. Hasegawa,
新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年5月11日

“Theoretical Study on Enantioselective of Palladium Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligand” (Poster),
M. Ratanasak, T. Yamamoto, M. Suginome, and J. Hasegawa,
新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年5月11日

「固体酸化物触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年5月11日

「Auクラスター触媒によるピペリドンの脱水素機構:クラスターの荷電状態と反応活性の関連性について」 (Poster),
宮崎玲, 金雄傑, 吉井大地, 谷田部孝文, 山口和也, 水野哲孝, 長谷川淳也,
新学術領域研究「精密制御反応場」第5回公開シンポジウム, 北海道大学, 札幌市, 2018年5月11日

「メタン活性化の計算化学とインフォマティクス」 (Oral),
大塚勇起, 中山哲, 長谷川淳也,
第3回触媒インフォマティクス研究会, 新潟, 2018年4月22日

「固体酸化物への金属ドープによる表面改質効果の系統的評価」 (Oral),
中山哲,
第3回触媒インフォマティクス研究会, 新潟, 2018年4月22日

「金属ドープされた酸化セリウムを用いた低級アルカンのC-H結合活性化に関する理論的研究」 (Poster),
伊勢家正裕, 中山哲, 長谷川淳也,
第121回触媒討論会, 東京大学, 東京都, 2018年3月22-23日

「固体酸化物触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
第121回触媒討論会, 東京大学, 東京都, 2018年3月22-23日

“Theoretical Study of Palladium-Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligand” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, J. Hasegawa,
Symposium on Nanomaterials for Environmental Purification and Energy Conversion, Hokkaido University, Sapporo, Japan, Feb. 20-21, 2018.

“Theoretical study for selective mechanochemical activation in chitin hydrolysis” (Poster),
Danjo De Chavez, Jun-ya Hasegawa,
Symposium on Nanomaterials for Environmental Purification and Energy Conversion, Hokkaido University, Sapporo, Japan, Feb. 20-21, 2018.

“Reaction Mechanism of DMC Formation from CO2 and Methanol over CeO2 : A DFT Study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
Symposium on Nanomaterials for Environmental Purification and Energy Conversion, Hokkaido University, Sapporo, Japan, Feb. 20-21, 2018.

“Theoretical Study on Rh-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
L. Zhao, N. Nakatani, Y. Sunada, H. Nagashima, J. Hasegawa,
IRCCS-JST CREST Joint Symposium, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 24-26, 2018.

“Catalytic Reactions at the Water/CeO2 Interface” (Poster),
Akira Nakayama, Masazumi Tamura, Ken-ichi Shimizu, Jun-ya Hasegawa,
IRCCS-JST CREST Joint Symposium, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 24-26, 2018.

“Reaction Mechanism of DMC Formation from CO2 and Methanol over CeO2 : A DFT Study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
IRCCS-JST CREST Joint Symposium, Kyushu University, Fukuoka, Japan, Jan. 24-26, 2018.


2017

“Theoretical Study on Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
L. Zhao, N. Nakatani, Y. Sunada, H. Nagashima, J. Hasegawa,
Theoretical Design of Materials with Innovative Functions Based on Element Strategy and Relativistic Electronic Theory, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, Japan, Dec. 8-9, 2017.

“Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study” (Poster),
Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
第7回量子化学スクール~基礎理論と高精度理論の発展~, 岡崎コンファレンスセンター, 岡崎市, 2017年11月20-21日

“Catalytic Reactions at the Water/CeO2 Interface: Hydration of 2-Cyanopyridine” (Poster),
A. Nakayama, M. Tamura, K. Shimizu, and J. Hasegawa,
The 5th Ito International Research Conference, RIKEN Centennial Anniversary, ISSP International Workshop & Surface and Interface Spectroscopy 2017, Ito International Research Center, University of Tokyo, Tokyo, Japan, Nov. 20-23, 2017.

“Theoretical Study on Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
Liming Zhao, Naoki Nakatani, Hideo Nagashima, Jun-ya Hasegawa,
北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線, 北海道大学, 札幌市, 2017年11月16-17日

「酸化セリウム触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線, 北海道大学, 札幌市, 2017年11月16-17日

“Theoretical Study of Palladium-Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligand” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, J. Hasegawa,
北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線, 北海道大学, 札幌市, 2017年11月16-17日

「物性値に拘束条件を課した構造最適化手法の開発」 (Poster),
原田伊織, 中山哲, 長谷川淳也,
北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線, 北海道大学, 札幌市, 2017年11月16-17日

“Directional Dependence of Ea Changes in Mechanochemical Activation” (Poster),
Danjo De Chavez, Jun-ya Hasegawa,
北大理論化学研究会:実践理論化学の最前線, 北海道大学, 札幌市, 2017年11月16-17日

“Reaction Mechanism of DMC Formation from CO2 and Methanol over CeO2 : A DFT Study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
TU/e-ICAT Joint International Symposium on Catalysis for Sustainable Society, Technische Universiteit Eindhoven, Eindhoven, Nederland, November 3, 2017.

「系間交差の計算化学」 (Oral),
長谷川淳也, 中山哲,
統合物質創製化学研究推進機構 第三回国内シンポジウム, 京都大学, 京都府, 2017年10月30-31日

「第一原理計算による酸化セリウム触媒の機能解析」 (Poster),
中山哲,田村正純,清水研一,長谷川淳也,
統合物質創製化学研究推進機構 第三回国内シンポジウム, 京都大学, 京都府, 2017年10月30-31日

「酸化セリウム触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
統合物質創製化学研究推進機構 第三回国内シンポジウム, 京都大学, 京都府, 2017年10月30-31日

“Theoretical Study on Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
Liming Zhao, Naoki Nakatani, Hideo Nagashima, Jun-ya Hasegawa,
統合物質創製化学研究推進機構 第三回国内シンポジウム, 京都大学, 京都府, 2017年10月30-31日

「機械学習による遷移金属中の拡散係数の予測」 (Poster),
大塚勇起, 長谷川淳也,
日本コンピュータ化学会2017秋季年会, くまもと県民交流館パレア, 熊本県熊本市, 2017年10月21-22日

“Catalytic Reactions at the Water/CeO2 Interface: Hydration of 2-Cyanopyridine” (Poster),
A. Nakayama, M. Tamura, K. Shimizu, and J. Hasegawa,
Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017 (CPMD2017 Workshop), EPOCHAL TSUKUBA, Tsukuba, Japan, October 18-20, 2017.

“Directional Dependence of Ea Changes in Mechanochemical Activation” (Poster),
Danjo De Chavez, Jun-ya Hasegawa,
Car-Parrinello Molecular Dynamics in 2017 (CPMD2017 Workshop), EPOCHAL TSUKUBA, Tsukuba, Japan, October 18-20, 2017.

「Monte Carlo correction CI法の励起状態と擬縮退電子状態への応用」 (Oral),
大塚勇起,
第11回分子科学討論会, 東北大学, 宮城県仙台市, 2017年9月15-18日

「物性値に拘束条件を課した構造最適化手法の開発」 (Poster),
原田伊織, 中山哲, 長谷川淳也,
第11回分子科学討論会, 東北大学, 宮城県仙台市, 2017年9月15-18日

“Theoretical Study on Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of C=C and C=O Double Bonds” (Poster),
Liming Zhao, Naoki Nakatani, Yusuke Sunada, Hideo Nagashima, Jun-ya Hasegawa,
第11回分子科学討論会, 東北大学, 宮城県仙台市, 2017年9月15-18日

「金属インジウム液体によるメタンのCH活性化反応に関する理論的研究」 (Oral),
長谷川淳也, 大塚勇起, 中山哲, 西川祐太, 荻原仁志, 山中一郎,
第120回触媒討論会, 愛媛大学, 愛媛県松山市, 2017年9月12-14日

「酸化セリウム触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
第120回触媒討論会, 愛媛大学, 愛媛県松山市, 2017年9月12-14日

“Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study” (Poster),
Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
Hands-on Workshop Density-Functional Theory and Beyond: Accuracy, Efficiency and Reproducibility in Computational Materials Science, Humboldt University, Berlin, Germany, July 31-August 11, 2017.

「1次補正をサンプリングした新しい selected CI 法」 (Oral),
大塚勇起,
第20回理論化学討論会,京都大学百周年時計台記念館,京都府京都市, 2017年5月16-18日

“Theoretical Study of Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of Ketones: Chalk-Harrod vs Modified Chalk-Harrod Mechanism” (Poster),
Liming Zhao, Naoki Nakatani, Jun-ya Hasegawa,
The 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Kaderu 27, Hokkaido, Japan, May 15-17, 2017.

“Reaction Mechanism of DMC Formation from CO2 and Methanol over CeO2(111): A DFT Study” (Poster),
Toshiyuki Sugiyama, Akira Nakayama, Jun-ya Hasegawa,
The 16th Korea-Japan Symposium on Catalysis, Kaderu 27, Hokkaido, Japan, May 15-17, 2017.

“Theoretical Study of Palladium-Catalyzed Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligand” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, J. Hasegawa,
The 2nd International Symposium on Precision Controlled Reaction Field, Osaka University (Suita Campus), Osaka, Japan, May 12-13, 2017.

「酸化セリウム触媒を用いた二酸化炭素とメタノールからのジメチルカーボネート合成に関する理論的研究」 (Poster),
杉山利行, 中山哲, 長谷川淳也,
第119回触媒討論会, 首都大学東京, 東京都八王子市, 2017年3月21-22日

“Theoretical Study on Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl)” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, and J. Hasegawa,
第2回統合物質機構シンポジウム,北海道大学,北海道札幌市,2017年1月26-27日.

「物性値に拘束条件を課した構造最適化計算手法の開発」 (Poster),
原田伊織, 中山哲, 長谷川淳也,
第2回統合物質機構シンポジウム,北海道大学,北海道札幌市,2017年1月26-27日.

「酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究」 (Poster),
中山哲,田村正純,清水研一,長谷川淳也,
第2回統合物質機構シンポジウム,北海道大学,北海道札幌市,2017年1月26-27日.

「物性値に拘束条件を課した構造最適化計算手法の開発」 (Poster),
原田伊織, 中山哲, 長谷川淳也,
化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会, 北海道大学, 北海道札幌市, 2017年1月17-18日.

“Theoretical Study of Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of Ketones: A New Insight into a Classical Problem” (Oral),
Liming Zhao, Naoki Nakatani, Jun-ya Hasegawa,
化学系学協会北海道支部2017年冬季研究発表会, 北海道大学, 北海道札幌市, 2017年1月17-18日.


2016

“Theoretical Study on Enantioselective Hydrosilylation of Styrene Catalyzed by Palladium with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligands” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, and J. Hasegawa,
SOKENDAI Asian Winter School “Challenges for New Frontiers in Molecular Science: From Basics to Advanced Researches”, Okazaki Conference Center, National Institutes of Natural Sciences, Aichi, Japan, December 14-15, 2016.

“Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study” (Poster),
Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
相対論的量子化学の新しい発展:元素戦略の基盤理論の構築と革新的機能材料設計, 北海道大学, 北海道札幌市, 2016年12月13日.

“Theoretical Study on Enantioselective Hydrosilylation of Styrene Catalyzed by Palladium with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligands” (Poster),
M. Ratanasak, M. Suginome, and J. Hasegawa,
相対論的量子化学の新しい発展:元素戦略の基盤理論の構築と革新的機能材料設計, 北海道大学, 北海道札幌市, 2016年12月13日.

“Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study” (Poster),
Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa,
PCOSS-ICAT Joint International Symposium on Catalysis Science for Sustainable Society, Xiamen University, China, December. 9-10, 2016.

「酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究」 (Oral),
中山哲,田村正純,清水研一,長谷川淳也,
第30回分子シミュレーション討論会,大阪大学豊中キャンパス,大阪府豊中市, 2016年11月30日-12月2日.

タンタル酸化物を用いた抵抗変化型メモリの動作機構に関する第一原理計算(Poster)、中山哲、長谷川淳也、中村恒夫、第7回分子アーキテクトニクス研究会,九州大学筑紫キャンパス,福岡県春日市、2016年10月20-21日.

Mechanistic Study on the Active Site of the Asymmetric Hydrosilylation of Styrene with Helical Poly(quinoxaline-2,3-diyl) Chiral Phosphine Ligands (Poster), M. Ratanasak, M. Suginome, and J. Hasegawa, International Symposium on Multi-scale Simulation of Condensed-phase Reacting Systems(MSCRS2016),Noyori Conference Hall, Nagoya University, Nagoya, Japan, Oct. 10-13, 2016.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Oral)、宮崎玲、中谷直輝、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、長谷川淳也、第118回触媒討論会、岩手大学、岩手県盛岡市、2016年9月21-23日.

酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究(Oral)、中山哲、田村正純、清水研一、長谷川淳也、第118回触媒討論会、岩手大学、岩手県盛岡市、2016年9月21-23日.

Theoretical Study on Magnetic Properties of Lanthanide and Transition Metal Complexes (Poster), CREST「元素戦略を基軸とする物質・材料の革新的機能の創出」領域 平成28年度領域全体会議, トヨタ自動車株式会社 三ヶ日研修所, 静岡県浜松市北区, 2016年9月20-21日

Theoretical Study of Rhodium-Catalyzed Hydrosilylation of Ketones: Chalk-Harrod vs Modified Chalk-Harrod Mechanism(Poster), Zhao Liming, 第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

物性値に拘束条件を課した構造最適化計算手法の開発(Poster)、原田伊織、中山哲、長谷川淳也、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

系間交差を経由する反応経路の理論的研究:モリブデノセンの配位子結合反応(Oral)、渡邊恵二郎、中谷直輝、中山哲、東雅大、長谷川淳也、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Poster)、宮崎玲、中谷直輝、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、長谷川淳也、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

凝縮系の電荷分離状態における分子間相互作用に関する理論的研究(Oral)、 屋内一馬、 石村和也、 Mike Schmidt、Mark Gordon、長谷川淳也、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

修正ベクトルをサンプリングした新しいモンテカルロCI法(Poster)、大塚勇起、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区、2016年9月13-15日.

酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究(Poster)、中山哲,田村正純,清水研一,長谷川淳也、第10回分子科学討論会,神戸ファッションマート,兵庫県神戸市東灘区.2016年9月13-15日.

Theoretical study on Magnetic Susceptibility and Hysteresis of Dilanthanide Single Molecule Magnet(Poster), Yue Chen, The 15th International Conference on Molecule-Based Magnets, Aobayama, Aoba-ku, Sendai, Japan, Sep. 4-8, 2016.

Transition states of spin-crossing reactions(Oral), J. Hasegawa, BIC-ICAT Workshop, Hokkaido University, Sapporo, Aug.25,2016.

Theoretical study of the reaction pathway via intersystem crossing: Ligandbindingreaction to molybdenocene (Poster), K. Watanabe, N. Nakatani, Nakayama, M. Hihashi, and J. Hasegawa, Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis (16th ICC-Pre)& 2nd International Symposium of Institute for Catalysis “Novel Catalysts for Energy and Environmental Issues”, Hokkaido University, Japan, June.30–Jul.1, 2016.

Coupling Reaction of CO2 and Epoxide for Cyclic Carbonate Synthesis by Bifunctional Porphyrin Catalysts: a Theoretical Study (Poster), J. Hasegawa, R. Miyazaki, C. Maeda, T. Ema, Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis (16th ICC-Pre)& 2nd International Symposium of Institute for Catalysis “Novel Catalysts for Energy and Environmental Issues”, Hokkaido University, Japan, June.30–Jul.1, 2016.

Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study(Poster), Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa, Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis (16th ICC-Pre)& 2nd International Symposium of Institute for Catalysis “Novel Catalysts for Energy and Environmental Issues”, Hokkaido University, Japan, June.30–Jul.1, 2016.

Geometry and electronic structures of iron-sulfur clusters: A theoretical study on the basis of density matrix renormalization group (Poster), Naoki Nakatani and Jun-ya Hasegawa, Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis (16th ICC-Pre) & 2nd International Symposium of Institute for Catalysis “Novel Catalysts for Energy and Environmental Issues”, Hokkaido University, Japan, June.30-Jul.1, 2016.

First-Principles Simulations of Catalytic Reactions at the Water/CeO2(111) Interface: Role of the Acid-Base Sites (Oral), Akira Nakayama, Masazumi Tamura, Ken-ichi Shimizu, and Jun-ya Hasegawa, Pre-symposium of 16th International Congress on Catalysis (16th ICC-Pre)& 2nd International Symposium of Institute for Catalysis “Novel Catalysts for Energy and Environmental Issues”, Hokkaido University, Japan, June.30-Jul.1, 2016.

鉄ー硫黄クラスターの構造および電子状態に関する理論的研究(Poster)、中谷直輝、物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム、名古屋大学、2016年6月23日.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的(Poster)、宮崎玲、中谷直輝、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、長谷川淳也、物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム、名古屋大学、2016年6月23日.

酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究(Poster)、中山哲、田村正純、清水研一、長谷川淳也、物質創製化学研究推進機構キックオフシンポジウム、名古屋大学、2016年6月23日.

酵素的な機能を示す分子触媒に関する理論的研究(Oral)、長谷川淳也、第16回日本蛋白質科学会、福岡国際会議場、福岡市、2016年6月7日~9日.

物性値に拘束条件を課した構造最適化計算手法の開発(Poster)、原田伊織、中山哲、長谷川淳也、第19回理論化学討論会、早稲田大学、2016年5月23日~25日.

系間交差を経由する反応経路の理論的研究:モリブデノセンにおけるCOとH2の結合反応 (Poster)、渡邊恵二郎、中谷直輝、中山哲、東雅大、長谷川淳也、第19回理論化学討論会、早稲田大学、2016年5月23日~25日.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Oral)、宮崎玲、中谷直輝、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、長谷川淳也、第19回理論化学討論会、早稲田大学、2016年5月23日~25日.

凝縮系における電荷分離状態と分極相互作用の理論的研究(Poster)、 屋内一馬、 石村和也、 Mike Schmidt、 Mark Gordon、 長谷川淳也、 第19回理論化学討論会、早稲田大学、2016年5月23日~25日.

酸化セリウム触媒の酸・塩基特性に関する理論的研究(Poster),中山哲,田村正純,清水研一,長谷川淳也,第19回理論化学討論会、早稲田大学、2016年5月23日~25日.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Poster)、宮崎玲、中谷直輝、長谷川淳也、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、第117回触媒討論会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス、2016年3月21日~22日

白金触媒によるアミドのヒドロシラン還元に関する理論的研究 (Poster)、中谷直輝、砂田祐輔、永島英夫、長谷川淳也、第117回触媒討論会、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス、2016年3月21日~22日

Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study (Poster)、Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa, The 4th Frontier Chemistry Center International Symposium -Future Dreams in Chemical Science and Technology: Bridges to Global Innovations-, Hokkaido University, Japan, Feb. 23-24, 2016

生体触媒反応場の精密制御に資する理論計算手法の開発と応用、長谷川淳也(Oral)、新学術領域研究「精密制御反応場」第1回公開シンポジウム、東京工業大学、2016年1月30日.

Mechanism of ethylene oxidation by Pt catalyst supported on mesoporous silica: a theoretical study (Poster), Ray Miyazaki, Naoki Nakatani, Takuro Yokoya, Kiyotaka Nakajima, Atsushi Fukuoka, Jun-ya Hasegawa, The 5th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Chemical Science for Future Societies”, Nagoya University, Japan, Jan. 29-30, 2016.

First-principles simulations of oxygen vacancy transport at the metal/metal-oxide interface (poster), A. Nakayama, J. Hasegawa, and H. Nakamura, The 5th International Conference on MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Chemical Science for Future Societies”, Nagoya University, Japan, Jan. 29-30, 2016.

On the Electric Effect in Solvatochromism: Wave function and Effective Fragment Potential Approaches (Poster), Kazuma Yanai, Kazuya Ishimura, Mark S. Gordon, Jun-ya Hasegawa, The Seventh Asia-Pacific Conference of Theoretical and Computational Chemistry, Kaohsiung, Taiwan, Jun. 25-28, 2016.

系間交差を経由する反応経路の理論的研究:モリブドセンにおけるCOとH2の吸着(Oral)、渡邊恵二郎、東雅大、中谷直輝、中山哲、長谷川淳也、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会、北海道大学、2016年1月19-20日.

メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Oral)、宮崎玲、中谷直輝、横谷卓郎、中島清隆、福岡淳、長谷川淳也、化学系学協会北海道支部2016年冬季研究発表会、北海道大学、2016年1月19-20日.


2015

[47] First-principles simulations of the switching mechanism in tantalum oxide-based resistive memory devices (poster), A. Nakayama, J. Hasegawa, and H. Nakamura, PACIFICHEM 2015, Symposium (#408), Single-Molecule Function and Measurements, Honolulu, HI, Dec. 15-20, 2015.

[46] タンタル酸化物を用いた抵抗変化型メモリにおける動作機構の検討 (poster)、中山哲、長谷川淳也、中村恒夫、第6回分子アーキテクトニクス研究会、京都大学桂キャンパス,京都府京都市、2015年10月23-24日.

[45] First-principles simulations of the switching mechanism in tantalum oxide-based resistive memory devices (poster) , A. Nakayama, J. Hasegawa, and H. Nakamura, First International Symposium of Institute for Catalysis − Global Collaboration in Catalysis Science toward Sustainable Society, Sapporo, Japan, Oct. 13-15, 2015.

[44] First-principles simulations of oxygen vacancy transport at the metal/metal-oxide interface (Oral), A. Nakayama, First International Symposium of Institute for Catalysis − Global Collaboration in Catalysis Science toward Sustainable Society, Sapporo, Japan, Oct. 13-15, 2015.

[43] 系間交差を経由する反応経路の理論的研究:モリブドセンにおけるCOとH2の吸着(Poster)、渡邊恵二郎,東雅大,中谷直輝,中山哲,長谷川淳也、錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年9月21-23日.

[42] On the Geometry and Electronic Structures of Iron-Sulfur Clusters: A Density Matrix Renormalization Group Study (Oral), Naoki Nakatani, Jun-ya Hasegawa, 錯体化学会第65回討論会、奈良女子大学、2015年9月21-23日.

[41] メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Poster)、宮崎玲、中谷直輝、長谷川淳也、原賢二、福岡淳、第116回触媒討論会、三重大学、2015年9月17日.

[40] タンタル酸化物における酸素欠陥濃度と電気伝導度の相関に関する理論的研究 (Poster),中山哲,長谷川淳也,中村恒夫,第116回触媒討論会,三重大学,2015年9月16-18日.

[39] 第四級アンモニウムヒドロキシド触媒によるCO2固定化反応の理論的解析(Oral)、大保政貴、第9回分子科学討論会2015、東京工業大学、2015年9月16日.

[38] 凝縮系における励起状態の溶媒効果に関する理論的研究(Poster)、屋内一馬、長谷川淳也、第9回分子科学討論会 2015、東京工業大学、2015年9月16日-19日.

[37] 密度行列繰込み群のMOLCASパッケージへの実装と応用計算(Poster)、中谷直輝、長谷川淳也、第9回分子科学討論会 2015、東京工業大学、2015年9月16日-19日.

[36] First-principles simulations of the switching mechanism in tantalum oxide-based resistive memory devices (Poster), A. Nakayama, J. Hasegawa, and H. Nakamura, Psi-k 2015 Conference, San Sebastian, Spain, Sep. 6-8, 2015.

[35] Theoretical Study on the Platinum-Catalyzed Amide Reduction via Hydrosilylation (Poster), Naoki Nakatani, Yusuke Sunada, Hideo Nagashima, Jun-ya Hasegawa, 第62回有機金属化学討論会、関西大学、2015年9月7日-9日.

[34] First-principles simulations of the switching mechanism in tantalum oxide-based resistive memory devices (poster),  A. Nakayama, J. Hasegawa, and H. Nakamura, International Workshop on Molecular Architectonics, Shiretoko Grand Hotel “Kita Kobushi”, Shiretoko, Japan, Aug. 3-6, 2015.

[33] Excited States and Molecular Interactions in Proteins and Solutions (Poster), Jun-ya Hasegawa, Kazuma Yanai, Kazuya Ishimura, The 15th International Congress of Quantum Chemistry, Tsinghua University, China, Jun. 7-13 2015.

[32] Theoretical Study on the Platinum-Catalyzed Reduction of Carboxyamides with Hydrosilanes: Effects of Dual Si-H Groups (Poster), Naoki Nakatani, Yusuke Sunada, Hideo Nagashima, Jun-ya Hasegawa, 31st symposium on chemical kinetics and dynamics, Hokkaido University, Jun 3-5, 2015.

[31] Quantum Mechanical Molecular Interactions for Calculating Excitation Energy in Environments: A First-Order Interacting Space Approach (Poster), Kazuma Yanai, Jun-ya Hasegawa, 31st symposium on chemical kinetics and dynamics, Hokkaido University, Jun 3-5, 2015.

[30] 密度行列繰込み群による鉄―硫黄クラスターの構造およびスピン状態に関する理論的研究(Poster)、中谷 直輝、長谷川 淳也、第18回理論化学討論会、大阪大学、2015年5月20日.

[29] メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究(Poster)、宮崎玲、中谷直輝、長谷川淳也、原賢二、福岡淳、第18回理論化学討論会、大阪大学、2015年5月20日.

[28] 第四級アンモニウムヒドロキシド触媒によるCO2固定のメカニズム:自由エネルギープロファイルに基づく解析(Poster)、大保政貴、第18回理論化学討論会、大阪大学、2015年5月20日.

[27] 凝集系における分子の励起状態と分子間相互作用の理解的解析(Poster)、屋内一馬、長谷川淳也、第18回理論化学討論会、大阪大学、2015年5月20日.

[26] Quantum Mechanical Molecular Interactions for Calculating Excitation Energy in Environments: A First-Order Interacting Space Approach (Poster), Kazuma Yanai, Kazuya Ishimura, Jun-ya Hasegawa, 249th ACS National Meeting, The Colorado Convention Center, Denver, Mar.22-25, 2015.

[25] 第四級アンモニウムヒドロキシド触媒によるCO2固定化反応の理論的解析(Oral)、大保政貴、日本化学会第95春季年会、日本大学理工学部、2015年3月28日.

[24] メソポーラスシリカ白金触媒によるエチレンの酸化メカニズムに関する理論的研究 (Poster)、宮崎玲、日本化学会 第95春季年会、日本大学理工学部、2015年3月28日.

[23] 第四級アンモニウムヒドロキシド触媒によるCO2固定化反応の理論的解析(Poster)、大保政貴、化学系学協会北海道支部2015 年冬季研会究発表会、北海道大学、2015年1月28日.

[22] 凝集系における分子の励起状態と分子間相互作用の理論的解析(Oral)、 屋内一馬、化学系学協会北海道支部2015 年冬季研会究発表会、北海道大学、2015年1月27日.


2014

[21] 第一原理シミュレーションによる溶液内光化学反応と自由エネルギー解析(Talk)、中山哲、第5回統合物質国内シンポジウム、名古屋大学野依記念物質科学研究館、名古屋、2014年12月19-20日.

[20] 抵抗変化型メモリにおける酸素欠陥の生成過程に関する第一原理シミュレーション (Poster)、中山哲、中村恒夫、浅井美博、第5回分子アーキテクトニクス研究会、大阪大学豊中キャンパス、大阪府豊中市、2014年11月25-26日.

[19] Computational study of relaxation dynamics of pyrimidine bases in the gas and solution phases (Poster), A. Nakayama and J. Hasegawa, CRC-SU Joint International Symposium on Chemical Theory for Complex Systems, Stockholm University, Stockholm, Sweden, Oct. 30-31, 2014.

[18] Theoretical Study on the CO2 Fixation by Bifunctional Porphyrin Catalyst (Poster), Hasegawa, M. Ohbo, A. Nakayama, T. Ema, CRC-SU Joint International Symposium, Stockholm University, Oct. 30-31, 2014.

[17] Excited States and Molecular Interactions in Proteins and Solutions (Oral), Jun-ya Hasegawa, CRC-FHI Mini Symposium, Fritz-Haber-Institute, Berlin, Oct. 28, 2014.

[16] Computational study of relaxation dynamics of pyrimidine bases in the gas and solution phases(Poster), A. Nakayama, CRC International Symposium, Novel Photocatalysts for Environmental Purification and Energy Generation, Hokkaido University, Sapporo, Oct. 14, 2014.

[15] Photophysics of DNA/RNA bases (Poster), A. Nakayama, CRC International Symposium, Synthesis and Applications of Functional Molecules and Materials Utilizing Biomolecules as a Motif, Hokkaido University, Sapporo, Sep. 30, 2014.

[14] 量子シミュレーションによる原子核・電子の複合系ダイナミクス(Talk)、中山哲、北海道大学触媒化学研究センター研究討論会、北海道大学、2014年3月18日.

[13] Quantum simulations for complex molecular systems (Talk), Nakayama, Physical Chemistry Seminar, Indian Institute of Technology Kanpur, Kanpur, India, Mar. 6, 2014.

[12] 凝集系における分子の励起状態と分子間相互作用、長谷川淳也、第四回神楽坂・凝縮系理論研究会、東京理科大学神楽坂キャンパス、2014年1月25日.

[11] DMRG Linear Response Theory for the Strongly Correlated Excited States (Poster), Nakatani, S. Wouters, D. V. Neck, G. K.-L. Chan, The 3rd International Conference on the MEXT Project of Integrated Research on Chemical Synthesis “Synergy of Theory and Molecular Transformation, Kyushu University, Fukuoka, Jan. 10-11, 2014.


2013

[10] 二官能性ポルフィリン触媒における二酸化炭素固定化メカニズム、長谷川淳也、第4回統合物質シンポジウム、北海道大学、2013年10月31日-11月1日.

[9]テンソルネットワーク状態(TNS)に基づいた密度行列繰込み群(DMRG)の開発と分子系への応用 (Poster)、中谷直輝、第4回統合物質シンポジウム、 北海道大学、 2013年10月31日-11月1日.

[8] DMRG線型応答理論とpost-DMRG法:Tamm-Dancoff近似による強相関系励起状態計算への応用、中谷直輝, Sebastian Wouters, Garnet K.-L. Chan、第7回分子科学討論会、 京都、 2013年9月24-27日.

[7] ピリミジン塩基の溶液内無輻射失活過程に関する第一原理分子動力学シミュレーション(Talk)、中山哲、岡井昌幸、山崎 祥平、武次 徹也、第7回分子科学討論会、京都テルサ、京都、2013年9月24-27日

[6] 凝集系における分子の励起状態と分子間相互作用(Poster)、長谷川淳也、石村和也、第7回分子科学討論会、京都テルサ、京都、2013年9月24-27日

[5] Photophysics of pyrimidine bases: implications for photostability in DNA/RNA (Talk), Nakayama, The CRC Symposium of Post ISHHC-16 “Advanced Synthesis and Characterization Techniques for the Atomic-level Understanding and Control of Chemical Reactions” and the 4th CSE Summer School, Sapporo, Aug. 10-11, 2013.

[4] Mechanism of Carbon Dioxide Fixation by a Bifunctional Porphyrin Catalyst: A Theoretical Study (Oral), Hasegawa, The Sixteenth International Symposium on Relations between Homogeneous and Heterogeneous Catalysis (ISHHC-16), Hokkaido University, August 4-9, 2013.

[3] 凝集系における分子の励起状態に関する理論的研究 (Poster)、長谷川淳也、第16回理論化学討論会、あいれふ福岡、福岡、2013年5月15-17日.

[2] Excited-State Wave Function in a LMO Representation:Environmental Effect in Proteins and solutions (Oral), Hasegawa, Mini-symposium on modeling and interpreting optical phenomena and photochemical processes in molecules and proteins, University of Namur, March 4, 2013.

[1] Electrostatic and quantum mechanical molecular interactions controlling excitation energies of photo-functional proteins (Poster), Hasegawa, CRC International Symposium, CRC, Hokkaido University, Feb. 5, 2013.

Comments are closed.